550e9d19

 

抱かれたい男1位に脅されています。2

作者:桜日梯子

ラブラブとなった二人そんな二人に差し迫る危機!?

晴れて恋人(?)となった西條高人と東谷准太。
そして、宣言通り見事主演男優賞をとった東谷。
「主演男優賞をとって高人さんの抱かれたい男1位になりますから」
果たして、高人の抱かれたい男1位になれたのか!?

(1巻のレビューはこちら)

今回も特濃エッチな一冊でした。
人気俳優になったチュン太(東谷)は前にも比べて忙しく、高人とすれ違う日々。
そんな現状に欲求不満になったチュン太は高人さんを車に連れ込みそのまま工場へ・・・。

イライラした様子でフリスクをがりがりかみ砕くチュン太に怯える西條さん(笑)
高人さん可愛い!可愛いと思うけどチュン太は私でも怖い!(笑)
桜日さんは表情を描くのがとても上手な方なのでもちろんイライラした顔もすごくイライラしています


普段天使なチュン太な分、沈黙が怖い。(笑)

そして殺されると思いながら工場まで・・・。
そして我慢のきかなくなったチュン太が高人さんに襲いかかります!
このときの興奮している顔がなんとも余裕が無さそうで萌えます。

余裕がない顔大好きなんですよね。
受けが余裕がなくても、攻めが余裕がなくても、どっちもおいしいと思います。

そんな余裕がないままにカーセックス!
外が気になり恥ずかしがる西條さん。あのプライドの高い高人さんが弱気なところがとても可愛いです

そして久しぶりのエッチに奥まで入れただけでイってしまう高人さん。

相変わらずとても濃厚なシーンです。そこがいい。

エッチの後のラブラブシーンも二人が可愛い。

「一緒に暮らしませんか?」

一緒に暮らしたそうな顔なのにプライドで拒否をする高人さん。
この「はい」が言えない性格に愛しさを感じます。

そして天使なチュン太の何でも動かせる謎の力。チュン太恐るべしです。(笑)

そして、次の話で、きましたコスチュームプレイ!!!
なんと高人さんの学生服姿が見られます!!
やったね!!照れる仕草がまたもや可愛いです。
そして先生×生徒プレイが始まります・・・。

チュン太のマニアックさ、大好きです・・・!

そしてここの注目はなんといっても

ノリノリになってしまった高人さんが素直になるところです!!

チュン太の台詞に素直に答える高人さん。

「エッチしたのはチュン太が初めてです」

というところはもういじめたくなってしまってたまらないです。

また、次の話ではなんと当て馬が登場。

チュン太と同期の生意気な「綾木千広」くんです。

この話では再びかっこいい演じる高人さんのシーンが・・・!見所です。

舞台が終わり、飲み会の後、酔いつぶれた高人さんはお持ち帰りされ

次の日起きたら裸で千広と共に。

この状態を見たときの高人さんのショックの受け具合にまたいじめたい欲が・・・!
そしてチュン太への想いの強さもうかがえます。

もちろんこの後のお仕置きエッチをするのですが、怯えながら逃げ出したいと想いながらも

「このベッドから降りたらもう追いません」

というチュン太の言葉に逃げないように必死で耐えきります。
逃げずに最後まで居たのに次の日の朝部屋に居ないチュン太。

「おい・・・チュン太?俺逃げなかったぞ ・・・なんでいないんだよ・・・」

切ない!!!!

果たして二人は別れてしまうのか・・・!?

前にもらったチュン太の部屋のカードキーを初めて使い、強がってカードを返すという高人。

受け取ろうとするチュン太の手に震える手や体が想いを物語っています。

そして、ようやく自分から震えながら「好きだ」と伝えます。

切ないですよね。これ、本当に終わりだと思ってすがるように告げた本当の想い。
無理矢理カードを取り上げるチュン太に

「や・・・っ ちょ 返し・・・」

と言うシーンは可哀想で可哀想で・・・。

チュン太以外には抱かれてないと判明し、見事仲も元通りになる二人。
今までより素直な高人さんにラブ度アップ!

「チュン太・・・一緒に住むか・・・?」

その後一緒に住むことになったのか!?
最後のパパラッチのシーンにまた二人は引き裂かれるのかと続きが気になります!

他にも1巻にあったネトラレトライアングルの続編も。
今回も濃厚に3Pしております。なんと二輪差しプレイ。

そんな盛りだくさんなこの巻、次巻もきっと盛りだくさんなのでしょう。
本日は時間がないのでざざっとレビューを書かせて頂きました。

読みづらかったらすいません!

ではまた後日ー