男(メンズ)は黙ってG行為

作者:卯陀喜ぴんぽん

41f00bc6dc39bf633c540d198547c9700002_cover

 
BL選りすぐりコミック特集

前立腺プレイに特化!純粋にエロいだけのBLを楽しみたい人向け作品

エロ本を教室で見ていた男子高校生達。
エロ本には性感マッサージの文字が。なんとお尻の穴で性感が得られるという。
ありえないという声が上がる中
「へぇー 気持ちイイんなら オレやってみてーかもー」
と興味津々な様子のマサミに下心満載で近づく杉浦。
「よしっ マサミ!今日ウチでゲームしよう!」
果たしてマサミは下心満載の杉浦から逃げられるのか!?

今日はいつもと変わって、エロ一本のやおい漫画の紹介です。
やおいというからにはもちろんストーリーやオチはあまりありません。

が、こちらの作品、絵がしっかり筋肉質なのと、マニアックプレイがたまりません!

攻めは少し細身の優等生風変態。受けはアホな今時男子。

 

細身×筋肉 好きなんですよね。

杉浦の分かりやすすぎる下心に気づかずにゲームに釣られ杉浦の家へ行くことになるマサミ

「ごめんあのゲーム2人用だから。」

そんな馬鹿な(笑)ご都合主義なところもエロ本ならでは。(もちろん嘘)

そして家に招いてすぐに唐突に

「俺、協力するよ」
「前立腺オナニーへの挑戦!」

展開が早い(笑)

 

さすがに拒むマサミですが変態杉浦は引きません。
いきなりキスをし力が抜けたところを・・・

なにやら帯?の様なモノで腕を拘束!オイルをつけた指で後ろの穴をほぐします。

最初は気持ち悪がるマサミですが、ある一カ所を刺激すると一変。

顔を赤くし悶え始めます。

 

興味津々ではあったものの実際の快感に驚きを隠せないマサミ。
目を見開いて快感に耐える顔は見物です。

こらえ性のないマサミが自分で前をいじりイこうとしたところを後ろだけで行かないとと手を拘束して

しまう杉浦。

 

そう、この杉浦なにげにSなんです!

ついには後ろだけでイってしまうマサミ。
これで終わりか・・・と思いきや後ろを振り返ればプラグを持っている杉浦が。

しかも変態杉浦ちゃっかり透明のプラグを使用します。

細かく中の様子を解説する杉浦。すごく字が細かい(笑)
とってもエロいんですがところどころコメディ部分を出してくれるところも息抜きになってくれて嬉し

いです。

 

明るく言葉責めまでする始末。

もっとイくとこがみたいとイったばかりなのに責め立てます。
プラグを自分で締め付けてしまいイきたくないのにイきまくってしまうところなどいじめたい欲がそそ

られてとても可愛いです!

 

そしてプラグで前立腺を責め立てまくってからの本番プレイ・・・。

なかなかハード。ヤってばっかりです。

そして快感に弱いマサミはやっぱりアホの子。

関係も恋人には進まずおふざけの形のまま杉浦からの告

白を聞いてお話は終了します。

プラグの移動する細かい表現など、隠してはいますがなかなかエロい作品です。

電子書籍の短いページ数独特のテンポ、やおい感ですが。こういったものも好きな私。
短いページ数でもお腹いっぱいになれるエロさです。
前立腺責めに特化したストーリーもなかなかないので、一点責めなどマニアックにねちっこいプレイが

好きな方はかなり満足するんじゃないでしょうか?

お安く、純粋にエロだけを楽しめるBLがみたい!という方にはオススメの一冊です。