9-276665-c400

 

コミック名 :碧い騎士の寵愛~甘美なお菓子は調教のあとで~ 1
タイトル  :1
原作    :ヨシダ有希
作画    :冬空
配信サイト :DMM
ジャンル  :TL

 

碧い騎士の寵愛~甘美なお菓子は調教のあとで~ を読んでみたよ あらすじ紹介 ネタバレ注意
*******************************************
世界的に有名なパティシエを親にもつ琉音(るね)は、子供っぽい容姿が原因で彼氏に振られてしまいます。

失恋の痛手を甘いお菓子で癒そうと、貴重な18世紀の焼き型を学校に持ち込みますが、焼き型をオーブンに入れると、オーブンが爆発してしまいます。

目を覚ますとそこは見知らぬ場所で、なぜかフランス語を話す男たち。貞操の危機
から琉音を助けてくれたのは馬に乗った王子様のような身なりの男性でした。

珍しい琉音の容姿や香りを気に入った彼は、大きなお屋敷に琉音を連れて帰ります。
ベッドの上で優しく琉音に触れた彼、アンリは急に冷たい表情で侯爵への献上品として彼女を調教すると言い出して・・・

 

碧い騎士の寵愛~甘美なお菓子は調教のあとで~を読んでみたのだ!! 感想レビュー
表紙の可愛らしい絵柄とファンタジックな題名に惹かれて購読しました。一話分の値段もお手ごろな作品です。

日本人の女の子が、18世紀のフランスにタイムスリップするお話です。普通なら、言葉の壁から始まりますが、親の影響でフランス語が堪能な主人公は、命の恩人の王子様のような男性、アンリと普通に会話できてしまいます。容姿にコンプレックスをもつ彼女は、この世界で欠点を克服できるのでしょうか?
アントワネットなど、歴史上の有名な人物の名前も登場して、今後主人公との絡みがあるのか気になります。世界史が苦手な私でも充分楽しく読めましたが、好きな方にはもっと面白く感じられるかもしれません。
今回はエッチ少なめですが、次回はエッチな調教も楽しめそうです。アンリの調教はクリームみたいに甘いのか、それともチョコレートみたいにビターなのか、お菓子を絡めた物語の続きが楽しみです。

 

それにしても今年のGWはとっても暑かったですね・・・真夏日と言えるような日が何日か続きましたが、、、 また 暑い日がこれからやってくると思うと ぞっとします・・・・  適度な気候と 適度な 温度がいいですね!!

 

それでは明日もがんばりましょう!!