罪に濡れたふたり  1巻 2話

北川みゆき チーズ! 少女コミック ekubo store

本日も 電子漫画を紹介していこうと思います。

罪に濡れたふたり1巻2話の紹介を始めます。

主人公の香純は、15年間一度も会わなかった父が急死し、その時に弟がいたことを知る。なんとその弟が、傷心旅行先のローマで出会い、関係を持ってしまった今でも忘れられない人だったのだ。しかも、母に「15年間の空白を埋めるためにも」と一緒に暮らすよう言われてしまう。母は海外で仕事だからほぼ二人暮らしである。弟の由貴は一緒に住むことを受け入れてしまう。由貴を忘れるためにも、新しい彼氏を作ろう、と幼なじみの和樹に協力してもらい、合コンを開いてもらう。人数が足りず、急遽由貴を混ぜての合コンとなる。由貴を忘れるために合コンに参加していた男性とホテルへ抜け出すが、由貴に連れ出されてしまう。無理に引っ張られた香純は指先の傷口が開いてしまう。由貴はためらいなく傷口を舐める。それだけで鮮明にローマでの一夜を思い出してしまう。どうしても由貴を忘れることができない香純。私たちは、罪を犯すために出逢ったんだろうか…

一度関係をもってしまった二人が姉弟だった、という事実を受け入れきれない同様がすごく伝わってきます。由貴に関しては、一緒に住むことに賛成してみたり、「忘れよう」と言ってみたり、正直気持ちがよく読めない回だと思いました。その由貴に振り回され、合コンに行ってみたり、その合コン先で持ち帰られてみたり…忘れようと必死な姿が切なくさせます。最後に、私たちは罪を犯すために出逢ったのですか?と尋ねて終わりますが、このまま罪を犯してしまうのか、どうなのか、危ない雰囲気を漂わせて終わります。今後二人が突き進んでしまうのか、続きが気になります。

最近 電子漫画の記事を よく書くんですが  自分が一体どこまで読んでいたのか わからなくなる時があるので ブログって とっても便利な機能だと  つくづく思います!!